色見本

カタログスタンドで媒体の力アップ~選び方が大切ですよ~

情報を告知する

印刷物

ダイレクトメールを活用すれば、商品の消費者や顧客に企業の情報をできるだけ早く伝えることができます。また、ダイレクトメールを送る範囲を制限すれば、特定の顧客に対してのみ情報を伝えることができます。このため、会員のみに情報を告知したい時などにダイレクトメールを活用するのも一つの方法です。ただ、ダイレクトメールの発送方法を間違えると誤配となってしまいクレームにつながる恐れもあるため、気をつけておきましょう。ダイレクトメールを送るのであれば、業者に依頼して発送してもらうのも一つの方法です。業者によっては配送するだけではなく、ダイレクトメールの発送状況をチェックできるサービスもあります。発送を依頼したダイレクトメールがどうなっているのか、いつ頃顧客に届くのかチェックできるため、販売促進時期などをある程度予測することができるのです。ただ、全ての顧客がダイレクトメールを受け取ってくれるわけではありません。中にはそのダイレクトメールを返還する顧客もいます。このような時でも業者に依頼すれば、そのような顧客の情報をまとめて報告してくれます。このため、発送する顧客を選定するときの判断がつきやすいのです。発送に遅延が発生した時にも、すぐ遅延の情報を伝えてくれるため、トラブルに気づかないということもありません。できるだけダイレクトメールの発送にコストがかからないよう発送してくれるところもあるため、依頼してみるといいでしょう。